ガールズバーに向き、不向き

仕事には向き不向きというのはあるかもしれません。

例えば、鳶を仕事にしている人が高所恐怖症で、高いところに登ると足が震えてしまっては仕事にならないですよね。

今回は、ガールズバーのアルバイトに向いている人、向いていない人をチェックして見たいと思います。

まず、ガールズバーで働くのに向いている人ですが、話すことが大好きでどの方にも分け隔てなく会話ができる人、明るい人、機転が利く人、盛り上げ上手な人、相手の話を聞くことができる人、努力する人です。

おすすめできない人は、その逆になります。


努力や、考えた行動できる女の子が向いている

ガールズバーの仕事は誰でもわかる通り、お客様と会話を楽しむ場です。

でも、ただ会話を楽しむだけではいけません。

お客様がどんなお話をしたいのか、どう話をしたら、喜んでもらえるのかなど、いろいろ考えることがあります。

その点話せるだけではなく、機転も利かせなくてはなりません。

もちろん暗い顔でお話ししてても楽しくありませんよね?

ワイワイしたと思っているお客様に対しても、どう盛り上げるかを考えなくてはいけません。

そして、話をしっかり聞くこと。

女の子の話ばかり聞かされても、お客様は楽しくありません。

最後に一番重要なのは、努力する子です。

人に見られる仕事だからこそ、自分を綺麗に見せる努力や、お客様にどう楽しんでもらって、次また来てもらえるかなど、考えられる女の子が向いている女の子だと思います。


努力はお客様がしっかりと見ていてくれている

自分の見た目やスタイルに自信のない子でも、その努力はお客様がしっかりと見ていてくれます。

「私は話すことが苦手」と思っている方でも、「これを機に人と話すことを勉強したい」「接客をしっかり学びたい」と前向きに努力している子は、どの世界でも同じかもしれませんが、ガールズバーのバイトに向いている子だと思います。

前向きな気持ちで、ぜひ働いてみてください。