MENU
チェックしてね 最新人気記事ランキングはこちら

インターネットの利用に必要なものと回線・プロバイダー選びの注意点

  • URLをコピーしました!
目次

インターネットの利用に必要なもの

インターネットをこれから新たに利用する場合、以下のものが必要になります。

  1. モバイルルーターや固定回線などの回線
  2. BIGLOBEなどを初めとするプロバイダーとの契約
  3. パソコンやiPadなどのインターネットを利用する機器

一つ目は、モバイルルーターや固定回線などの回線が必要です。テザリングや公共無線LANの場合には必要ありませんが、モバイルルーターか固定回線の中から選ぶ人が多いです。

二つ目は、プロバイダーとの契約。回線だけ契約しても、プロバイダーとの契約がなければインターネットは使うことができません。

BIGLOBEなどの大手のプロバイダーから、地域密着型のプロバイダーまで種類は様々。料金も違いますので、事前にしっかりチェックしましょう。

そして三つ目はインターネットを利用するための機器、パソコンやiPadなどが挙げられます。

固定回線、モバイルルーターの仕組みとある便利なもの

まずは固定回線、モバイルルーターについて説明します。

  • ルーターを使えば複数の機器で利用することができる
  • 無線状態でインターネットを使いたいのなら、ルーターはほぼ必須
  • モバイルルーターの場合にはクレードルがあると便利

固定回線を利用する場合には、ルーターを用意しておくと便利です。

ルーターがあれば、複数の機械でインターネットを使うことができるようになります。

また、家の中で無線接続をしたい場合にもルーターが必要。自分で簡単に設置することもできますし、それほど高いものではありませんから、事前に用意しておくと良いですよ。

モバイルルーターの場合には、クレードルがあると更に便利。プロバイダーによってはプレゼントでもらえることもあります。

クレードルとはスタンド型の拡張機器で、例えば宿泊先のホテルでモバイルルーターが使いにくい場合にも、ホテルの回線をモバイルルーターを通して無線状態で使うことができます。

モバイルルーター契約時の注意点

モバイルルーターを契約する前に、知っておいてほしいことがあります。

  • 速度制限ありのものとなしのモバイルルーターがある
  • 速度制限がかかった時にどれくらい利用が可能か
  • 対応エリア内でもインターネットが通じにくい可能性がある

モバイルルーター契約前には、必ずその種類などを調べておくことも必要です。

様々な種類がありますから、自分の使用スタイルに合ったものを選ぶようにしてください。

制限の有無は特にチェックが必要ですね。

速度制限がかかった時に、どれくらいインターネットを利用できるかどうかも口コミなどを見て調べましょう。

対応エリア内でも建物の状況によってはインターネットが通じないことも。

もし、使っている人から借りることができるのならば、自分の家でチェックしてみた方が良いですね。

プロバイダーを選ぶときの注意点

続いてはプロバイダーについて。

プロバイダーを選ぶ際は、以下の3点を注意しましょう。

  • 大手の方がプロバイダーの料金が高い可能性がある
  • 小さな会社だとユーザーが増えたときに、インターネットの接続が悪くなる可能性も
  • キャッシュバックなどのサービスの受け取りやすさ

プロバイダーには様々なものがありますが、料金の違いも大きいですね。500円~1,000円と幅があります。

大手のプロバイダーの料金はちょっと高め。
中小のプロバイダーでは料金が安めの上に、ウェブ上で申し込むとキャッシュバックなどのキャンペーンがあることも。

ただし、中小企業のプロバイダーでは、ユーザーが増えたときに速度が遅くなるなど、サービスの質が下がってしまう可能性があります。

大手のプロバイダーではその点は安心ですね。

キャッシュバックがある場合も、プロバイダーによっては受け取りにくい仕組みになっていることもあるので、あわせて事前にチェックしておいた方が良いですよ。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる